店舗改装・住宅・介護リフォームの基礎情報

HOME > 店舗改装・住宅・介護リフォーム

店舗改装・住宅・介護リフォームでよくあるトラブル

店舗改装・住宅リフォームをはじめとする建築工事では、残念ながらトラブルが生じることが多々あります。トラブルを回避するには、どんな原因があったのか、またどんな問題が多いのかを知っておくことが大切です。こちらでは、名古屋・愛知(豊橋市・岐阜市・四日市市)の店舗改装・住宅・介護リフォームを行うFace Off(フェイスオフ)が、よくあるトラブルをご紹介します。

トラブル1:見積り金額より多い額を請求された

トラブル1:見積り金額より多い額を請求された

見積り時に計上された金額で契約したにもかかわらず、施工終了後に、それよりも多い額を請求された……というのは、代表的なトラブルです。契約時には詳細まで記載された見積り書の提示を求め、「これ以上の請求はないこと」「やむを得ず追加工事が必要になり料金が増える場合には、必ず説明すること」を事前に約束しておきましょう。

トラブル2:勝手に工事を追加された

トラブル2:勝手に工事を追加された

施工業者は本来、工事を進めるうえで予定していない部分の追加工事が必要になった場合には、きちんと依頼主に説明しなくてはなりません。しかし中には、勝手に工事を追加してその分の請求を後から上乗せしてくる業者もいます。工事を任せっぱなしにせず、まめに現場をチェックしにいくことも大切です。

トラブル3:必要な工事が行われなかった

トラブル3:必要な工事が行われなかった

お願いした場所の工事ができていない、というトラブルもあります。口頭だけでなく見積り書や図面などでも、事前にきちんと工事箇所を確認しておくことが大切です。

トラブル4:予定どおり工事が終わらない

トラブル4:予定どおり工事が終わらない

「1ヶ月で終わるはずの工事が、まだ終わらない」「工期がどんどん延びてしまった」というトラブルもあります。もし工事のために仮住まいを借りている場合には、その費用もかさんでしまいます。きちんとした説明を求めましょう。

トラブル5:イメージと違う仕上がりになった

トラブル5:イメージと違う仕上がりになった

「色も使い勝手も、思っていたのと違う」「素人目で見ても、雑な仕上がりになっている」……。工事の完了を楽しみにしていたのに、これではがっかりです。設備などについては、できるだけショールームで見学をさせてもうよう依頼し、仕上がりが悪い部分はしっかり指摘するようにしましょう。

Face Offでは、事前に詳細な内容までを明記したお見積り書を提示しており、予期せぬ追加工事が必要となった場合をのぞき、それ以上の追加料金を請求することはありません。工事についても、お客様と逐一ご相談しながら丁寧な作業を進めておりますのでご安心ください。

施工業者を選ぶポイント

トラブルを回避し、納得できる店舗店舗改装・住宅・介護リフォームを行うには、まず業者選びが重要です。こちらではFace Offが、業者を選ぶチェックポイントをご紹介します。

親身に相談に
乗ってくれるか

誠意のある業者なら、お客様の立場に立ち、ご予算やご希望に合った提案をしてくれます。またメリットだけでなくデメリットまできちんと説明してくれるかどうかも大切です。

わかるまで丁寧に
説明してくれるか

専門用語ばかり並べ、わからない説明を形式的にするのではなく、理解できるまでわかりやすく丁寧に説明してくれる業者なら、信頼できるでしょう。

質問にはきちんと
答えてくれるか

質問をしても放置されたり面倒くさがったりするのではなく、きちんと調べて答えてくれるかどうかも重要です。

見積り書は細かく
記載されているか

見積り書には、工事内容や材料、素材、数量など、明確に記載されていますか? 「一式」などと大まかな記載しかない場合には、後に追加料金を課せられる場合があります。

契約書はあるか

工事を依頼する際には、契約書が欠かせません。契約書を交わさない業者は、信頼に欠けます。金額だけでなくさまざまな項目をしっかり確認しましょう。

デザイン力は確かか

「イメージと違った……」というトラブルを避けるために、過去の施工例などを見せてもらい、デザイン力があるかを確認しましょう。

実績は豊富か

実績が豊富な業者は、提案の引き出しもたくさん持っています。過去の実績がどれだけあるか、どんな施工をしたのかを聞いてみましょう。

アフターケア体制が
整っているか

「施工したら終わり」という業者は、もしもトラブルが起きた際の対応に不安が残ります。アフターケア体制についても確認しておきましょう。

担当者の人柄はどうか

担当者の身だしなみはどうか、時間は守れるかなど、人柄もチェックしましょう。担当者が基本的なマナーが守れているかどうかは、その業者の誠実さを知る要素のひとつになります。

強引に話を進めないか

こちらがまだ納得できていないにもかかわらず、どんどん話を進めてしまう業者は、のちのちトラブルを引き起こしかねません。注意が必要です。

大幅な値下げをしないか

金額が高いと言ったとたんに、急に大きな値下げをする業者も注意が必要です。そもそも適正でなかったり、安い材料を使ったり、結果として手抜き工事をしたりする可能性も考えられます。

店舗改装・住宅・介護リフォームには、大きな費用が発生するもの。業者選びは、慎重に進めることが重要です。当社は豊富な実績を活かし、お客様ごとに最適なご提案を行うことによって、満足していただける施工をお約束します。建物にかかわる工事については、どうぞFace Offまでお気軽にご相談ください。

サービス紹介